PR

水槽のコケ掃除が面倒くさい。こんなに簡単きれいになるグッズがここにあった。【購入必須】

GEXコケバスター 金魚のお世話
この記事は約6分で読めます。
この記事は、アフィリエイト広告を掲載しています。
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。ともさんパパブログのともさんです。
アクアリウム初心者の方、水槽のコケ掃除大変ですよね。
放置すれば余計に面倒になり、ガラス面全体がコケだらけなんてことも…
億劫なコケ取りを劇的に、楽にするアイテムを発見しましたので
読者の方に特別にご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも、コケは何故生えるの?

コケは、水槽内にある汚れである餌の食べ残し、金魚の糞などが栄養源です。
また、観賞魚用のライトによる光合成にて、増えてしまうことも…
金魚飼育を行ううえで、切っても切れないのがコケなんです。

ともさん
ともさん

金魚飼育をしていたら
どうしてもコケが生えてしまうんだね。

コケのメリット・デメリット

実は、金魚のコケは、悪者にされがちですがメリットもあります。
ご紹介していきましょう。

メリット
・金魚にとって大好物の餌。
・色揚げ効果がある
・整腸作用がある
・水質浄化作用がある

屋外のタライ、プラ舟などで飼育する場合、コケによる汚れは
気にならないため、残しておくことのメリットが大きいと思います。
上見で観賞するため、コケが邪魔にならないためです。

ともさん
ともさん

あれ?金魚にとって、メリットも多いんだね。

デメリット
・観賞性が著しく損なわれる。
・水質悪化の可能性がある。
・金魚が見えず、病気の感染に気づきにくい。

屋内水槽の場合、横見で見るので観賞性は非常に重要なポイントです。
また、金魚の健康状態をチェックするためにも定期的にコケを除去しましょう。

ともさん
ともさん

確かに、横見の場合コケをとる方がメリットがあるね。

コケ取りに便利な道具

筆者は、100円ショップの食器洗いスポンジを使っていましたが
今回、コケ取り専用のスクレーパーを購入しました。
GEXコケバスターです。

GEX コケバスター

今回、こちらの商品を選んだ理由はこちら

・プラスチックのシートで、水槽に傷がつきにくい
・価格が手頃
・コケがよく取れると評判がいい

スクレーパーの多くが、カッターのような刃で
コケをそぎ落とす製品が多くありましたが
水槽に細かい傷つく心配がありました。
子育て中ということもあり、カッター刃は子どもが
万が一触ったら危ないということもあり
プラスチック素材のGEXコケバスターを選びました。

実際に使ってみた

GEX コケバスター

コケが取れているのがわかりますか。
1週間ぶりのコケ掃除でしたが、一往復でピカピカに
本当に、スッとコケが剝がれます。
力加減も、軽く擦る程度。
残念ながら、スクレーパーの持ち手が短いので
60cm水槽では、水に手をつける必要があります。
また、プラスチックシートの間にコケが溜まってしまい
水で洗い流すのが、少々面倒です。
しかし、デメリットを帳消しにするほどよく取れるので
筆者的には、大満足です。
ぜひ、↓リンクからチェックして下さい。

まとめ

今回、GEXコケバスターを紹介しました。
コケが少し生えてきたときに、サッと使えて
綺麗な水槽を維持するのにピッタリの商品です。
以前、水替えの基本の動画を投稿しておりますが
スポンジをGEXコケバスターに変えれば
水槽掃除がより早く、きれいにできます。
こちらの記事も合わせて、読んでみてください。

本日もご一読頂きありがとうございました。

BlueSky、X【旧Twitter】にて、ブログ更新をお知らせしています。
ぜひ、↓からフォローお願いします。
試してほしい商品などありましたら、お気軽にコメント下さい。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ともさんのプロフィール
ともさん
3人の子どものパパ  金魚飼育歴5年

前職でパワハラを受け
適応障害になった過去があり
現在も心療内科に通院しながら
3人の子育てに奮闘中。
大変な育児を、少しでも楽にするやり方
趣味の金魚飼育、園芸を通じて
心の癒しをご提案します。
月・水・金曜日、22時にブログを更新します。

ともさんをフォローする
金魚のお世話
スポンサーリンク
シェアする
ともさんをフォローする

コメント