PR

【初めての金魚の産卵】オランダ獅子頭の卵から2㎝の稚魚に成長。2ヶ月の飼育方法を大公開。

くろまる、ぶちまるの子ども ローズテールオランダ獅子頭 金魚の稚魚の成長記録
この記事は、アフィリエイト広告を掲載しています。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。
ともさんパパブログのともさんです。
金魚飼育歴5年のともさんが、初めて、金魚の卵から飼育に挑戦し2か月が経過しました。
金魚の稚魚の飼育方法を特別に公開します。

ともさん
ともさん

稚魚の飼育方法を細かく教えるよ。

これまでの記事はこちら。

スポンサーリンク

親魚の紹介

左側 くろまる♂ 右側 ぶちまる♀

タイから遥々やってきた、ローズテールオランダ獅子頭のくろまる♂、ぶちまる♀です。
昨年、当歳魚のうちに卵を産卵しました。
タイは気候が暖かい国のため、成長が早く、当歳魚で、8㎝前後の立派なサイズに育っていました。
販売店は、金魚王子さんで、埼玉から送られてきています。
この、金魚屋さんは、良質な金魚を比較的手頃な価格で販売されており、初心者アクアリストにおすすめのお店です。ホームセンターなどで、格安で販売されている金魚は、飼育環境が劣悪なことが多く、元気そうに見えても、ダメージを受けています。そのため、導入時に調子を崩しがちです。最悪☆になることも…。
金魚王子さんは、専業で金魚を販売しておられるお店なので、個体も美しく元気な金魚が送られてきます。生体なので、全く同じものは買えませんが、筆者の飼育している同じ種類の金魚のリンクを載せて置きます。美しいのでぜひ見てください。

成長の記録

くろまる、ぶちまるの子ども ローズテールオランダ獅子頭

ここまで大きくなりました。
もう、成魚顔負けの立派な金魚の形をしていますね。
現在のサイズが、約2㎝です。
小さじに入れて撮影しています。

生後0日の時は、糸くずのようです。生後1ヵ月になると、尾びれの形が、ローズテールだとわかるようになりました。生後2ヶ月になると、少し模様も出てきて、金魚らしさが際立つようになりました。

飼育環境

飼育水槽 育てるお守りケース

現在の飼育ボックスです。これを水槽の中に浮かべています。
詳しい飼育条件はこちら。

飼育容器:育てるお守りケース 0.7ℓ
飼育数:3匹
水温 :20~22℃ ※ヒーターを入れていないので前後しています。
餌  :生後0日~1ヵ月 ブラインシュリンプ
    1ヵ月~1ヵ月半 ブラインシュリンプ、パラクリアパウダー
    生後1ヵ月半~  パラクリアパウダーのみ
    毎日一日3回餌をたっぷり与える。
水替え:1週間に1回全交換
エアーレーション:コックで絞ってごく少量のエアーを入れています。
水草 :まつも

・水温は、20℃前後を保つ。ヒーターの導入を検討してもよいと思います。
餌は、たっぷり与える。特に生後1ヵ月までの稚魚は、餌を探すのが下手な為、多く与えて
 水替えで水質を維持しよう。
・エアレーションは、コックで絞って、水流を弱くしてあげて下さい。
 金魚は、泳ぐのが苦手なので水流が強いとストレスを感じます。

ともさん
ともさん

餌をいっぱい与えて、きれいな水を保つことが大事なんだね。

餌の与え方は、こちらの記事を合わせて、ご覧ください。

近々の飼育動画

金魚の稚魚が元気に泳ぎ、餌を食べているところを動画にしました。
小さくてかわいい金魚が、一生懸命生きているところは、癒されますよ。

まとめ

金魚の稚魚の飼育は、とにかく餌を与えること。
水を綺麗に保ち、こまめに水換えをすることが大切です。
大量の水替えによる環境の変化で、数匹☆になりましたが
大半の子は、元気に育ちました。
今後も、記録を公開しますので乞うご期待。

Xにて【旧Twitter】、ブログ更新をお知らせしています。
ぜひフォロー下記から、フォローして下さい。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ともさんのプロフィール
ともさん
3人の子どものパパ  金魚飼育歴5年

前職でパワハラを受け
適応障害になった過去があり
現在も心療内科に通院しながら
3人の子育てに奮闘中。
大変な育児を、少しでも楽にするやり方
趣味の金魚飼育、園芸を通じて
心の癒しをご提案します。
月・水・金曜日、22時にブログを更新します。

ともさんをフォローする
金魚の稚魚の成長記録
スポンサーリンク
シェアする
ともさんをフォローする

コメント